セラミドの種類〜化粧品を選ぶ際にはチェックしよう

main-img

セラミドは人間の皮膚にも存在している成分です。
皮膚の角質層の細胞と細胞の間で、水分と油分を抱え込むような役割を果たしていることから、皮膚の潤い保持には欠かせない成分と言えます。



皮膚の乾燥はシミ、シワ、たるみと言った肌トラブルの原因ですから、化粧品などからこの成分を摂取することは重要です。

化粧品などに含まれるセラミドは、その原料よっていくつかの種類に分類されています。

goo ニュースをさらに詳しく調べてみませんか。

種類ごとにメリット、デメリットが異なるので、これが配合された化粧品を選択する際には、必ずチェックすることが求められます。まずは天然です。
これは主には馬、動物を原料とした種類です。
セラミドが持つ機能性の多くを備えており、かつ肌への浸透力にも優れており、人間の肌に対しての親和性が高いのがメリットです。ただし原料の動物を育てるために、また安全性に配慮する必要があることなどから、価格が高くなりやすいのがデメリットです。


それから植物性です。



この種類は米や大豆、こんにゃくなどが原料であり、安価で大量生産しやすいと言うメリットがあります。


また植物由来なので肌にも優しいのですが、デメリットとしては、これらの食材にアレルギーがある場合は使用できないと言う点が挙げられます。

次はバイオで、これは人の肌にあるセラミドを模して、酵母から作られています。ヒト型と呼ばれることもあり、皮膚内部にあるそれと同等であるため、高い機能性、親和性が期待できます。一方で価格は安価なので、デメリットらしいデメリットがありません。

最後は合成です。


これは類似した物質を化学的に合成したもので、似た分子構造をしていると言うだけで、セラミドとは全くの別物です。


大量生産できるので価格は安いですが、あくまで疑似成分なので効果はあまり期待できないと言うデメリットがあります。

知りたい情報

subpage1

最近よく聞く、人気がある化粧水の成分がセラミドです。乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎などで、肌が荒れやすく、少しの刺激でも敏感に反応しやすい肌を、しっとりと保湿する効果が高く、肌荒れや感想の改善に効果を実感することができます。...

more

美容について情報

subpage2

年齢肌のサインは、色々とあります。たとえばしわ、シミ、たるみなどが代表的なサインと言われていますが、これらの原因の多くはお肌の乾燥です。...

more

関連情報

subpage3

肌が乾燥してメイクののりが悪いという人や乾燥肌による肌荒れや年齢肌の悩みが気になる人、敏感肌だったり、季節や時期によって肌が荒れやすくなってしまうという人におすすめなのが、肌への刺激が少なくて、しっとりと保湿することができるセラミドを配合しているクリームです。セラミドは、人間の肌に含まれている水分をキープすることができる成分ですが、加齢や環境によって減少してしまい、乾燥した肌になってしまうことが知られています。...

more

美容関係の情報

subpage4

セラミドという成分は、元々人の肌の中に存在する成分であり、皮膚の一番上部の角質層に存在する細胞間脂質です。皮膚の細胞と細胞の隙間を埋める役目があり、水分を蓄えて保湿性を高め、外部からの刺激に対して防御する力を持っています。...

more